「地域・社会」の課題と私

 

 

 最近自信を無くしつつある日本人にとって、まだ日本が世界に誇れるモノとは何でしょうか。 自動車やテレビなどの高品質な工業製品でしょうか? それともアニメや漫画などのエンターテイメントでしょうか? いやもっと古い茶道や能などの日本的な伝統文化や歴史でしょうか?


 私はこう考えます。 こうしたモノづくりや文化・歴史づくりの基になっている日本人の「こころ」「魂」、すなわち日本人の精神性だと思います。 これこそが、今でも世界にもっとも誇れるものです。


 例えば、他人や見ず知らずの人に対しての自然に出てくる心配りである「思いやりの心」、心から喜んでもらおうとする「おもてなしの心」、モノをいつまでも大切に使おうとする「もったいないの精神」、みんなが利用する場所は出来るだけ綺麗にしようとする「清潔心」や、また今回のような大きな災害や不幸があっても冷静にみんなで協力し合う「結び合う心」など、こうしたモノは日本人の誇るべき精神性です。


 実は、こうした日本人の精神性を育んできた背景には、この日本列島の豊かな水と森に恵まれた自然と大きく関係しているのです。日本列島で現れる自然現象(四季の変化)や天災(地震・津波・台風・火山など)、すなわち自然の働きである森羅万象と共に生きることを誓った日本人の世界観・人生観が、長い時間をかけて日本人の精神性を作ってきたのです。


 この日本人の精神性は、現代のモノづくり(自動車・テレビなど)やコトづくり(アニメ・漫画など)の中で、理想的なカタチに向かって諦めることなく真摯に誠心誠意努力し続けるカタチで生きています。


 ただ戦後の日本人は、あまりにも経済的豊かさを追い求めるあまり、日本的なものへの関心が薄くなり、西洋的なものへ、特にアメリカへの従属的な考え方が中心となり、日本的な感じ方や見方は間違ったものとして否定されてきたように思います。


 近年ようやく、日本のことを見直そうという風潮が高まってきました。一つには西欧的価値観で経済的な成長を実現してきたことが、必ずしも社会や個人がそれほど幸せを感じていない事にもあると思います。


 東日本大震災では、大きな困難に中でも、驚くほどの冷静さを保ちつつ、礼節を忘れることなく、譲り合い、助け合いながら、自らの力で立ち上がろうとする被災地の方々の姿を見ることで、本来日本人が持っていた精神性と気質と生き方に気付いてきたからです。


 日本人は長く自然の恵みや自然の脅威の中で自然との共生感情を育み、共同社会で他人を思いやる優しさや互いに助け合う気持ちを培ってきました。これが水と森の豊かな日本列島の中で時間をかけて作り出してきた日本人の精神性と気質と生き方です。


 神社やお寺には、そうした日本人の精神性が行事や建物や空間として今も残っています。ただ何百年、一千年という時間の中で、文化的価値や歴史的価値や精神的価値は埃をかぶり、見向きされないものになってしまいました。


 これからは、経済性や効率性を最大限に求める価値観から、地域の人々の絆が深まり地域の文化を誇りに思い、地域の産業を大切にする価値観(グローバリゼーションからローカライゼーション)に変わっていくと思います。


 その中でも、地域ごとにある神社(仏閣)の文化的(祭りや行事・風習など)魅力、歴史的(地域の長い記憶)魅力と、そこに保持されてきた本来私たちが持っていた精神性や気質や生き方を再発見し、多くの方に知ってもらう活動をしていきたいと思います。また神社(仏閣)自らが新しい情報発信ツール・インターネットをうまく活用することで、地域の人々との絆と地域固有の文化(エスノローカル)の魅力を未来へ継承できる仕組みを作っていきたいと思います。

 

20120414

山本一男

 

 

プロフィール

山本 一男(スサノヲ)
山本 一男(スサノヲ)

地域の魅力を高め、地域を元気にし、地域を幸せにするIT/Webプロデューサー


■メッセージ 
時代は、モノの追及から心の安らぎや豊かさへと価値観や生き方が変わろうとしています。今までのような効率や経済性を追い求め巨大化していく「グローバリゼーション」から、足元を見つめゆっくりと生きていゆく「ローカリゼーション」の時代なろうとしています。 
私たちは知らないうちに巨大な文明システム(社会・経済システム)に巻き込まれ、本当の生き方や幸せな生き方ができなくなっているのではないでしょうか。人が幸せになるには、今住んでいる地域と人々が幸せにしていくことから始まります。 
私と私が運営するミズホネットは、ITやWebの技術を最大限に活かし、各地域にある資源(人、文化、歴史など)を魅力的に元気に活力あるものにすることで、地域に住む人々が本当に幸せになるお手伝いをしていきたいと思っています。

スサノヲ

日本の伝統文化や神話、古代史が好きな男性です。
地域に残る祭りや風習・行事に関心があり、古代人から現代人まで地下水脈のようにつながる精神世界に興味を持っています。

■メッセージ

「日本」とは何か?「日本人」とは何か?が知りたくて、日本と日本人の原点と基層を調べています(日本文化、日本基層文化、日本学、民俗学、宗教民族学など)。
私は専門的に学んだわけではありませんが、こうしたことに興味を持っています。まだまだ知らないこともたくさんあり、皆さんから多くのことを教えていただきたいと思っています。 
今の多くの人が、あまりにも日本の文化や歴史のことを知らな過ぎ、外からの情報に翻弄され刹那的に行動しています。このような拠り所を失い根無し草のよ うに漂う様を見ていると、しっかりと自分たちのアイデンティティを見つめ直し、日本列島の自然と風土の中で作り出してきた日本人と日本文化を自覚すること が必要だと感じるようになりました。 
国際化が叫ばれていますが、本当の意味で国際人になるためにも、自分を自国をしっかり伝えることが出来ての国際化・国際人だと思います。 
特に日本の伝統文化・神話・古代史や地域に残る風習・祭り・行事など、古代人から現代人まで地下水脈のようにつながる精神世界に興味を持っています。日 本の地域に残る風習や祭りは、豊かな森と水の日本列島という風土が醸し出した世界観(素朴な神々の世界観)の記憶です。 
私たちは普段、こういう事(古代からの世界観)を意識することなく生活しています。しかし、気付かなくとも、私たち日本人のものの見方や行動を規定している「何か」があります。その何かとは・・・。 
この日本人の意識の底に眠った記憶とは、太古の昔から今日に至るまで、この豊かな森と水の日本列島という風土のなかで育成されてきた「日本人の精神的遺 産」です。日本の神々の世界(八百万の神々)や風習・祭り・行事は、私たちの意識の底に眠った神々の記憶(古代の世界観)でもあり、大自然に宿る日本人の 原風景でもあります。 
このような、古代から豊かな森と水に恵まれた日本列島とうまく折り合いをつけ、自然と柔らかい関係を結び、自然と共に生きることを選んだ日本人の知恵を学びたいと思っています。

Facebook

ダウンロード

【チラシ】セカンドオピニオン
ダウンロードできます。
20140224_セカンドオピニオンA4.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 837.3 KB
【セミナー資料】今注目のソーシャルメディア!Facebookは本当にビジネスにかつようできるか!?」
ダウンロードできます。
損保セミナー 「今注目のソーシャルメディア!Facebookは本当にビジネスに活
Adobe Acrobat ドキュメント 4.0 MB
【本の資料】働く幸せ̶̶~起業してわかった働くことの意味~ 山本一男 株式会社ミズホネット代表取締役
働く幸せ̶̶起業してわかった働くことの意味・・.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 254.5 KB
【リーフレット】会社・お店の魅力を企画・制作・支援するウェブ・プロデュース ラボ
会社・お店の魅力を企画・制作・支援するウェブ・プロデュース ラボ 2012060
Adobe Acrobat ドキュメント 461.1 KB
【リーフレット】ミズホネットの神社の広報サポート・サービス
ミズホネットの神社の広報サポート・サービス 20120604.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 618.4 KB
【リーフレット】ミズホネットの寺院の広報サポート・サービス
ミズホネットの寺院の広報サポート・サービス 20120604.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 604.9 KB
【資料】おうみのふるさとふるさと物語プロジェクト
おうみのふるさとふるさと物語プロジェクトの成果会発表会資料
おうみのふるさと物語プロジェクト成果発表会_20131211.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 7.3 MB
【資料】おうみのふるさとふるさと物語プロジェクト
おうみのふるさとふるさと物語プロジェクトの成果発表会資料
おうみのふるさと物語プロジェクト報告書_20131207.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 6.0 MB